金目鯛、漁具、沖あみの事なら「宇都宮水産 株式会社」

水産・漁労事業

下田漁港であがった新鮮な鮮魚をお届けします

下田で獲れた新鮮な魚をお届けいたします
下田で獲れた新鮮な魚をお届けいたします

下田漁港であがった新鮮な鮮魚の卸を行っております。特に下田で有名なのが金目鯛で多くの取引をさせていただいております。

昨年度より、漁船の経営を始め、自社船で釣った金目鯛を市場へ水揚げしております。
また仲買としても地元の船が釣った金目鯛を始めとする様々な魚を毎日仕入れております。

金目鯛以外にも色々な鮮魚を取り扱っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

金目鯛

下田で有名な金目鯛
下田で有名な金目鯛

金目鯛は鮮やかな赤色、ゴールドに輝く金目が特徴の魚で、美しさもおいしさも格別です。

鯛に似ているので鯛の代わりに尾頭付きの祝儀魚として使う地方もあるといわれています。栄養価も鯛と同じで高タンパクで低カロリーです。特にあらの部分にはコラーゲンがたくさん含まれているのでぜひお召し上がり下さい。

金目鯛を美味しく食べる

生でいただくお刺身でも十分美味しい金目鯛をさらに美味しくいただくお料理レシピをご紹介いたします。


●金目鯛の煮付け
金目鯛の煮付け   【材料】
・金目鯛1尾(1.2kg位)

〔煮汁〕
・水2カップ
・日本酒1〜1.5カップ
・みりん3/4カップ
・醤油3/4カップ
・上白糖またはザラメ60〜80g

【作り方】
1.金目鯛のウロコ・ワタを取り出し、腹の中を流水でよく洗う。
2.魚が収まる大きな鍋を用意し、酒・みりんを入れ火にかけ泡が立ったら砂糖・水、さらに醤油を入れる。
3.煮汁が沸騰してきたら魚を入れ、落とし蓋が浮き上がるくらいの火加減(強火)でときどきお玉で煮汁をかけながら煮る。
※煮上がる時間は10分程度

●金目鯛のおろし方
1.ウロコを落とす 2.腹ワタをとる  
1.ウロコを落とす
頭を抑え、ウロコ引きで尾から頭へ逆なでるようにしてウロコを落とす。
  2.腹ワタをとる
腹を手前に置き、腹に切り込みを入れ内臓を取り出し、包丁の刃先で中骨の血合の部分をなぞるようにして、腹を切る。
その後、水洗いを十分にする(流水で手早く行う)
         
3.腹を切る 4.背中を切る 5.3枚おろしにする
3.腹を切る
腹を手前に置き、包丁を寝かせ、腹側から中骨に沿って、骨の上を滑らすように包丁を動かしてゆく。
  4.背中を切る
背中側からも中骨に沿って包丁をいれ、身を切り離す。
(この状態で2枚おろしの完成)
  5.3枚おろしにする
反対側も同様にして、3枚におろす。
※料理によっては、ウロコを取ってから頭とエラを先に落としてください。
●金目鯛のしゃぶしゃぶ
金目鯛のしゃぶしゃぶ   【材料】
・金目鯛適量   ・春菊、ねぎ、椎茸などお好みの野菜

〔合わせだし〕
・だしこぶ10cm
・酒少々
・水4カップ

【作り方】
1.金目鯛を薄いそぎ切りにする。
2.野菜は適当な大きさに切る。
3.鍋にだしこぶ、酒、水を入れ、煮立ち始めたら金目鯛や野菜などを入れてポン酢やもみじおろしなどでお召し上がり下さい。
※新鮮な金目鯛を使用してください。しゃぶしゃぶですので、鍋に入れてから数秒でお召し上がりいただけます。

産地直送!FAXで新鮮な魚介をご注文いただけます!

現在産地直送の注文をFAXにて承っております。
下記の注文書ダウンロードボタンより注文書をダウンロード。印刷し、ご希望の商品などを記載した上、ご注文専用FAX番号までお送りください!


注文書ダウンロードはコチラ!

ご注文専用FAX : 0558-27-1239